登場人物が多すぎる「尼崎連続変死事件」を分かりやすく解説【文春vs新潮 vol.63】

登場人物が多すぎる「尼崎連続変死事件」を分かりやすく解説【文春vs新潮 vol.63】
[文春・新潮]尼崎市連続変死事件

今週も尼崎市連続変死事件について、両誌が報じている。この事件、どうも人間関係が複雑にからまりすぎて、誰が何をやったのか分かりにくい。両誌の力を借りて、この事件の輪郭について確認しておこうと思う。文春の特集名は「尼崎大量怪死 全容解明!」、新潮のそれは「実録! 尼崎『女モンスター』の揺り籠から監獄まで」である。

角田美代子という「鬼女」、あるいは「女モンスター」

角田美代子被告(64)の半生は、週刊新潮が「実録半生記」としてコンパクトにまとめている。美代子は、「尼崎市内の左官工の家」で生まれ、小中高と進学するが、中学時代は「桁外れのワル」であり、高校は素行が悪いため退学させられた。すぐに知人の兄と結婚。そして、「若干二十歳で、管理売春の元締め」をやっていた。

その利益でスナックを開業。ここでも従業員の女性を「客相手にこっそりあてがってい」たと言う。「数年後には離婚」して、横浜でバーを開いた。それと平行して尼崎市では、「スミダカンパニー」という名で輸入雑貨業を始める。その「十数年後、横浜の店をたたんで故郷に戻」り、輸入雑貨業に専念していたというが……。

週刊文春によれば、美代子被告は「二十代半ば、二度目の結婚生活を二年ほどで終え」、「その前後に〝三番目の男〟、すなわち「逮捕前まで同居していた『内縁の夫』」と出会った。そして、内縁の夫との間にできた息子(25)を溺愛していたと、新潮が報じている。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2012年10月26日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら