石原慎太郎氏の「シナ」発言とナショナリズムの台頭について

石原慎太郎氏の「シナ」発言とナショナリズムの台頭について
2012年10月31日の東京都議会臨時会で、辞任が正式に決まった石原慎太郎氏。10月25日の辞任会見でもその呼称を使っていたが、石原氏は中国を「シナ」と呼び続けている。なぜ石原氏は「シナ」という呼称にこだわるのか。そのことについて、東京新聞が10月31日付の「石原氏 シナ発言の危うさ」という特集記事で、徹底検証している。

まず、石原氏の言い分を聞こう。「1999年3月、都知事選への出馬会見では『シナは孫文が作った言葉。なぜ日本人が使うと差別になるのか分からない」と述べている。また、本年9月21日の定例会見で、フリーの記者に「相手が嫌がるような呼称を使うべきではないのでは」と問い正され、「一般的に言うと中国とは岡山県、広島県のこと。嫌がる理由はない」と答えている。

また、石原氏と同じくタカ派の論客で、現代中国政治の専門家である中嶋嶺雄氏は、「シナという呼称事態には歴史的な重みがあり、差別的な意味は全くな」く、「今もインドシナ、東シナ海などと使われており、フランスではシーヌ、オランダではシーナなど、チャイナに類する音で呼ばれている」と解説。その上で、日本では「戦後に過剰に配慮してしまったことが、シナという言葉のイメージを悪くしてしまった」と述べる。

では、中国はなぜ「シナ」という呼称を嫌うのか。理由は明確で、日本軍が中国を侵略したときに、「シナ」を「差別語として使うように」なったからである。1946年には、「中華民国が嫌がり、使用を止めてほしいとの要求があった」ことから、外務省は「新聞や雑誌で支那と表記することをやめるよう通達」した。外交上の事案であることから、1949年に中華人民共和国が建国されてからも、その方針は踏襲された。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2012年11月1日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。