SKE48松村香織の発言であらためて考える「ピアスとアイドルは共存できるか」

SKE48松村香織の発言であらためて考える「ピアスとアイドルは共存できるか」
SKE48に所属する松村香織が、動画上で、ピアスをすることを取り上げて話題になった。握手会などで接したファンから、ピアスの穴を開けたことを批判されたことに触れて、「ピアスはファッションだと思う」「穴で何を判断するのかな」「ピアスの穴が開いてたら推し辞めるとかバカじゃない」とピアスに対する見解とともに、批判したファンに反論している。

つい本音がこぼれてしまったと言えばそれまでだが、「ピアスはファッションだと思っているので、自分で決めてピアスの穴を開けました。推しを辞めるファンの方がいるのは残念です。でも私の頑張りを認めてもらえたら、ぜひ戻ってきてください」くらいにしておけば無難だっただろう。

アクセサリーのひとつであるピアスだが、身体に傷を伴うこともあり、人によって抵抗を覚えることも少なくない。例えば、サービス業や接客業ではピアス穴を開けている人の採用を見送ることもあるという。「アクセサリーは食べ物への異物の混入を避けるために着用不可」を掲げている接客業は多いが、仕事中に着用するユニフォームにもボタンやレースなどの装飾部分がある。「異物の混入を避ける」は名目の一つであり、ほかにも目的があると思った方が良いだろう。

要するに接客する人に求められるのは、清潔さや清楚さであって、まだまだピアスを受け入れる場面が少ないことが分かる。こうした時に「外見だけで判断しないで欲しい」という紋切り型の発言があるが、わずかな時間に接するだけの人間に、内面を求めることはない。腹の内はどうであれ、表情だけでもニッコリして、そつなく対応してくれれば十分だ、というのもある意味真実である。

「アイドル」の語源は、ラテン語で「偶像」を意味する「イドラ」であり、さらにさかのぼれば、ギリシャ語の「見る」を意味する「イデイン」となる。見られてなんぼのアイドル商売。ピアスを開けて批判されることはあっても、ピアス穴を開けずに批判をされることは考えにくい。アイドルとして少しでも多くのファンに支持されることを望むのであれば、ピアス穴は開けない方が良さそう、というのは極端な意見だろうか。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2012年11月2日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら