日本人とラーメンを食った「テロリスト」 〜安田純平の戦場サバイバル

日本人とラーメンを食った「テロリスト」 〜安田純平の戦場サバイバル
フリージャーナリストの安田純平さんがシリア取材や戦地取材にまつわる話を伝える連載です。
冒頭写真はシリア反政府側の自治組織が運営するパン工場を安田さんが撮ったもの。(2012年7月6日)

■日本人とラーメンを食った「テロリスト」

「ドーモドーモ」
こちらの顔を見たひげ面男の第一声である。いったい何のことかと思ったが、そのまんま、日本語の「どーもどーも」だった。

シリアを旅する日本人は少なくなかったし、日本の政府開発援助(ODA)も盛んに行われていた。国中どこへ行ってもみな親日と言っていいくらいの親日国家であり、騒乱前であれば違和感はなかっただろうが、住民の8割以上が離散し、半ば廃墟と化した今のシリアの街で日本語を聞くとは思わなかった。

シリア中部のラスタンは1月に、市内の政府軍をすべて排除した反政府側の解放区となった。
以降、地元住民による自治が行われており、この男性はその総代表である。騒乱前は公営のスポーツセンターで所長をしており、日本の国際協力機構(JICA)から派遣された柔道と空手の講師を受け入れたこともあったという。

「ダマスカスの日本料理屋に彼らと一緒に行きましたよ。初めて触ったはしを使ってラーメンを食べようとしたら全部胸元にこぼれてしまって、大笑いされました。本当にいい思い出です」

ラスタンでの滞在中、会うたびに身振りを交えながらこうした話を懐かしそうに語ってくれた。

昨年4月に反政府デモが始まったラスタンでは、政府情報機関による銃撃でデモ隊に死者が出て以降、反政府運動が広がった。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2012年11月2日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら