ナショナリズムを生み出す日本のどん詰まり感

ナショナリズムを生み出す日本のどん詰まり感
石原慎太郎氏は、なぜ中国を「シナ」と呼ぶのか。そして、中国は、なぜ「シナ」と呼ばれることを嫌がるのか。昨日の「石原慎太郎氏の『シナ』発言とナショナリズムの台頭について」という記事では、新聞を参照しながらその2点について考えてみた(「石原氏 シナ発言の危うさ」、東京新聞、10月31日付)。

考えてみれば、石原氏は政治家になってから、ほぼ一貫して中国を「シナ」と呼び続けている。だが、彼の「シナ」発言は、時に無視され、時に支持される。では、中国を侮辱するような呼称が、無視されたり支持されたりする原因は、いったい何なのだろう。

■中国を「シナ」と呼ぶ必要がなかった時代

戦後の日本は、敗戦の混乱を乗り越え、1950年代半ばから高度経済成長期に入る。人々は、働くことに必死であった。そして、1970年代半ばまで続いた経済成長により、企業では終身雇用制が定着するなど、それほど不満のない生活を送る人々が増えていった。

1972年には、田中角栄首相により日中共同声明が調印され、途絶えていた中国との国交が正常化されていく。多くの日本企業が、安い労賃を求めて中国に進出。日本では「Made in China」の商品が大量に売られるようになるなど、日本と中国の経済的な関係は右肩上がりで深化していく。

生活にそれほど不満がない。日本と中国の経済的なつながりが深くなる。そんなときに、中国を「シナ」と呼ぶような言説はほとんど支持されない。生活に不満があったり、中国との関係が悪化していれば、不満の受け皿や憂さ晴らしの対象として中国が標的となるのかもしれない。だが、そうした「不満」や「悪化」がなければ、わざわざ中国を「シナ」などと呼ぶ必然性などないわけだ。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2012年11月2日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら