日本シリーズの死球問題、野村氏&桑田氏&広澤氏の見解は?

今年の日本シリーズは、巨人が日本ハムを制し、日本一の座についた。だが、白熱するゲームが続いた今回のシリーズでは、第5戦で試合の流れに大きく影響する“ある出来事”が起こり、大きな話題となった。

それは、4回無死一塁の場面で、バントの構えをする巨人・加藤に対し、日ハム・多田野が投じたボールは、加藤の顔をかすめる際どいコースへ。このボールに対し、加藤は頭をおさえて倒れると、球審は加藤の死球と多田野の危険球退場を宣告した。

ボールが当たっていない加藤に対し、多田野は「騙す方も騙す方。騙される方も騙される方」と皮肉たっぷりにコメントを残したが、その後も、ネットを中心に、“審判の誤審”“勝利への執念”“フェアプレーの精神”といった様々な視点で、ファンの意見が飛び交う事態になっている。

すると、4日、TBS「S1」では、今回の日本シリーズを振り返り、野球解説者の野村克也氏、桑田真澄氏、広澤克実氏、槙原寛己氏が議論を繰り広げた。

今回のプレーについて訊かれると、野村氏は「アカデミー賞。名演技賞。当たってないじゃん、あんなもん。スローで何回も見たけど、全然当たってない。(問題は)審判です。完璧な誤審だ」と一蹴した。

すると、広澤氏は「誤審はありますけど、ルールは違反してません。やっちゃいけないモラルだとか、マナーだとかが野球界にはあるので、日本シリーズという舞台でこれをやってしまうと、色んな人が見てる。印象的にはよくない。子どもたちも見てるし。日本シリーズという舞台ではやってほしくなかった」と持論を展開。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2012年11月8日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら