米国の著作権保護期間「95年」延長を主導した下院議員が落選

米国の著作権保護期間「95年」延長を主導した下院議員が落選
1998年に米国議会で成立し、同年以降に米国が各国に自由貿易協定(FTA)を通じて著作権や著作隣接権の保護期間を延長する圧力の根源となっていることで悪名高い著作権延長法は、提出者の名前を取って「ソニー・ボノ法案」(Sonny Bono Act)、あるいはこの法案の成立を強硬に推進したのがディズニーを中心とする米国コンテンツ産業であることを皮肉った「ミッキーマウス法案」(Mickey Mouse Act)の別名で呼ばれています。

共和党に所属するメアリー・ボノ・マック(Mary Bono Mac)下院議員は事故で急逝した夫、ソニー・ボノの後継者として1998年4月に行われたカリフォルニア44区の補欠選挙で当選して以来、亡夫が議会に提出した延長法案を強力に推進して成立させた「ハリウッドの代弁者」の1人として知られています。2003年以降は選挙区の区割り変更でカリフォルニア45区を地盤として当選を重ねて来ましたが、今回の大統領選挙に合わせて実施された下院選挙では2010年の国政調査結果を反映した再度の区割り変更でカリフォルニア36区からの出馬となりました。民主党は2011年に36で実施された補欠選挙で当選した現職のジャニス・ハーン議員が44区へ転出し、マック議員の対抗馬に新人で医師のラウル・ルイス(Raul Ruiz)候補を擁立しました。

現地メディアでは区割りの変更でマック議員が亡夫から継承した地盤の一部を失い、伝統的に民主党の支持が強い地盤が編入されたことでマック議員は苦戦を強いられるのではないかとの下馬評が大勢を占め、11月6日の投票日を迎えました。結果、カリフォルニア州では大統領選・上院選・下院選とも民主党が圧勝。マック議員は事前の予想通り苦しい選挙戦を強いられ、新人のルイス候補に議席を明け渡す結果となったのでした。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2012年11月8日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら