山田洋次監督に文化勲章、宮崎駿監督が文化功労者に選出

山田洋次監督に文化勲章、宮崎駿監督が文化功労者に選出
毎年、文化の日に授与される文化勲章。今年は『男はつらいよ』シリーズなどで長年活躍してきた山田洋次監督らに贈られることが決まった。

山田監督は「日本映画のためにこの章をいただこうという気持ちでお受けした」とコメントしている。また『男はつらいよ』シリーズの主人公である寅さんを引き合いに出し、「寅さんだったら、『文化勲章って何だい。そんな立派なもの、もらっていいのかい』と言ったりするんでしょうか」とも語っている。映画監督としては過去に黒澤明監督(1985年)、新藤兼人監督(2002年)が文化勲章を授与されている。また『風の谷のナウシカ』『となりのトトロ』などのアニメ作品で有名な宮崎駿監督が文化功労者に選出された。アニメ映画の監督としては初めての選出となる。

文化功労者は、日本の文化の発達に大きく貢献した人の中から、文部科学省の文化審議会で諮問されて選ばれるもの。過去には文化芸能や学術関連の人物が多かったが、1980年代から分野が拡大し、デザイナー(森英恵氏、三宅一生氏)、スポーツ選手(長嶋茂雄氏、大鵬幸喜氏)、漫画家(横山隆一氏、水木しげる氏)などが選ばれている。そして文化功労者に選ばれると、終身年金(現在は年350万円)が支給される。

文化勲章は文化功労者の中から毎年5名程選ばれるのが通例で、山田監督も2004年に文化功労者に選ばれている。ただし文化功労者に選ばれていない人が文化勲章を授与される場合には、同時に文化功労者にも選ばれる。今回、ノーベル医学生理学賞となった京都大学の山中伸弥教授がそれに該当する形だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 風の谷のナウシカ 漫画
ガジェット通信の記事をもっと見る 2012年11月8日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「風の谷のナウシカ + 漫画」のおすすめ記事

「風の谷のナウシカ + 漫画」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら