「現場に行かないと何が起こっているのかわからないのが戦争」7年間アフリカを撮り続けた写真家・亀山亮氏にきく(前編)

「現場に行かないと何が起こっているのかわからないのが戦争」7年間アフリカを撮り続けた写真家・亀山亮氏にきく(前編)
「兵士たちは夫を生きたまま切り裂き、切り取った肉を私に料理しろと強要しました。目の前で家族全員をフツ系民兵に殺され、私は拷問されました」
――アディラ・ブミディア(36歳)
コンゴ民主共和国南キヴ州2008年

――――――――――

2003年から2010年までの7年間、アフリカの危険地帯をカメラとともに巡り、自らの左目を失明しながらも撮影を続けた写真家・亀山亮さん。
彼の7年間の集大成が、写真集「AFRICA WAR JOURNAL」(リトルモア刊)にまとめられ、9月25日に発売された。

この写真集の中からさらに厳選した作品を、オープンしたばかりのドキュメンタリー写真ギャラリー「Reminders Photography Stronghold」で、現在展示が行われている(11/30まで)。

Reminders Project & Reminders Photograpy Stronghold

日本の商業写真界の中では最も成功しづらいテーマのひとつ、アフリカを撮り続ける亀山さんにお話を伺った。
(ききて:中島麻美)

●7年間の取材を120点の作品に凝縮

今回の写真集「AFRICA WAR JOURNAL」は、2003年から2010年まで、リベリア、コンゴ民主共和国、シエラレオネ、スーダン、アンゴラなどアフリカ各国を回って撮影した作品の中から120点をセレクトして掲載しました。

制作費は自費で、編集やデザインも自分が信頼する人にお願いして完成した手作りの写真集です。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2012年11月14日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。