「織田裕二がアメリカの『ゲイの街』に高級不動産を複数所有」と文春が報道【文春vs新潮 vol.67】

「織田裕二がアメリカの『ゲイの街』に高級不動産を複数所有」と文春が報道【文春vs新潮 vol.67】
拡大する(全1枚)
[文春]「織田裕二は『ゲイの街』の不動産王だった」

サンフランシスコのカストロストリートという「ゲイの街」に、俳優の織田裕二が「4軒もの高級アパートメント」を所有していることを、週刊文春が報じている。「1997年から2008年にかけて購入されて」おり、購入に使った金額は8億円以上にのぼると言う。

織田は、カストロストリートがよほど気に入っているのだろう。そうでなければ、10年越しで8億円も投資して建物を購入などしない。記事では、織田がゲイであると断言はしていない。しかし、見出しや本文で外堀を埋めた上で、「織田はゲイである」と言っているに等しい内容の記事でもある。

織田がゲイだという話は、かなり前から噂になっている。歌手の平井堅とカップルだという説が流れたこともある。2010年にモデルの女性と「電撃結婚」してからは、ゲイ説の真偽は藪の中になった。とはいえ、女性と結婚したから、相手の男性がゲイではないという根拠もない。

超有名人だからこそ、プライベートが注目されるのは仕方がない。けれど、私たち視聴者にとっては、織田が物語の中で素晴らしい演技をしてくれれば、それでいい。ゲイでバイであれストレートであれ、優しく見守ってあげるのがよいのではないか。

いずれにしても、「ゲイの街」に8億円の投資は尋常ではない。織田がカストロストリートに体現される性的嗜好の自由さを気に入っているのだとしたら、マイケル・ジャクソンが「ネバー・ランド」を作ったように、「レインボー・ランド」でも作ろうとしているのかもしれない。それはそれで、興味深い話である。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク