命の値段が高すぎる

命の値段が高すぎる
少子・高齢化社会がどんどん進んでいく中で、保険制度や保険料というものを考えたとき、理想と現実のギャップがあまりに大きくて、空想の世界に入りこみたくなってしまう。今回は城繁幸さんのブログ『Joe's Labo』からご寄稿いただきました。

命の値段が高すぎる!―医療の貧困 (永田 宏著/ちくま新書)

「医療がたいへんだぁ、たいへんだぁ」と騒ぎたいだけなら、岩波新書でも立ち読みすればいいのだが、「何がどう問題でどうやって解決すべきか」に関心のある前向きな若人には、本書の購入を強くおすすめしたい。本書の流れとしては、小泉医療改革の総括によって、医療システムの構造的な問題をあぶりだす。一言でいうなら、それは医療という破綻(はたん)確実なシステムへの、一大延命手術だった。

本来、一時的な疾患を想定して作られた保険制度であるが、慢性化しがちな高齢者医療の比率が増えれば、保険料をどんどん引き上げねばならなくなる。65歳以上の人間を、15歳以上64歳以下の現役何人で支えるかを扶養率というが、05年時点で3.3人。これが25年には2.0になることがほぼ確定している。つまり中学卒業直後の少年少女まで動員して、二人で一人の高齢者の各種社会保障を面倒見るわけだ。著者もいうように、これはもはや実現不可能なフィクションの世界だろう。

いや、これはシミュレーションではなくて、既に平均年齢の高い国保については現実のものとなっていた。若者の多い都市部ベッドタウンと地方の国保財政格差は拡大し、保険料は最大で5倍に達していた。事実上、国保は破綻(はたん)していたのだ。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2009年9月2日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら