ネットに時間を使いすぎ

ネットにはこのようなものも溢れており、このような遠因が積み重なりライターに対して金を払うことに躊躇っている現状が出来上がっていると私は考えている。金を払わずに文章を読むことに慣れてしまった人間は、金を払って文章を書いてもらうことに違和感を持ちやすい。プロの書き手の価値が揺らいでいるのではないか。

ここまで主に支払う側の話をしてきたが、次に読み手の問題点をあげる。まず、読み手の最大の問題は文章に対して金を払う意識が希薄になったことだ。ネット上の文章は基本的にタダで、辞書がなくてもネットで検索すれば時には辞書以上の理解をもたらしてくれるのこともあるのが今のネットだ。わからないことがあればググって調べれば初歩的なことはそれでわかってしまう。ネットが普及する前は、本で調べたり人に聞いたりしなければいけなかったことも、ネットはその必要性を消した。まず、ここで資料的価値としての本の価値が相対的に下がる。そして、ネットの文章がタダで読めることが原因で、文章を読むのに金を払うことに対しての消費者の心理的ハードルが上がる。

基本的な問題はこの2点だが、私はもうひとつ問題があると思っている。結論から書くと、消費者の読書量の限界だ。わかりやすく書こう。私の話で恐縮だが、以前私が見ていたブログやサイトは100前後あった。RSS(サイトが更新したら知らされる機能のこと)という便利なツールのおかげで時間の節約はそれなりに出来たが、一週間サイトの巡回を溜めたら、全部見終えるのに一日かかった。一週間で更新される記事の数は1000を超えていた。実際に読むのは100程度だったが、それでも十分すぎるほどに時間がかかる。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2012年12月1日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。