『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』 何度でも人々の胸を打つ―― 煉獄杏寿郎の“心を燃やす”名言振り返り

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』 何度でも人々の胸を打つ―― 煉獄杏寿郎の“心を燃やす”名言振り返り
       

吾峠呼世晴による漫画「鬼滅の刃」(集英社ジャンプ コミックス刊)を原作とした、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、公開から3週目でこれまでの累計興行収入が約157億円、累積観客動員数約1100万人に達するなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いを見せています。
SNSでは、すでに鑑賞した人々からも“絶対もう一回見る!”、いや“最低後2,3回見る”、そして“何度見ても泣ける……。”など、複数回劇場へ足を運ぶ、リピーターが続出しており、まだまだその盛り上がりは衰えそうもありません。

「鬼滅の刃」がこのように多くの人々から支持を集める理由は数多あるが、その一つとして挙げられるのが、登場人物たちの心情や熱い気持ちが、ひしひしと伝わってくるセリフの数々。

主人公である竈門炭治郎(かまど・たんじろう)をはじめとして、それぞれのキャラクターならではの名言が随所にちりばめられ、観る者の胸を打つ言葉が多いのも「鬼滅の刃」の特徴の一つと言っても過言ではありません。そして、本作無限列車編の中にも、心に響く言葉の数々が登場するのですが、その中でも特に観客を惹きつけるキャラクター煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)のセリフを振り返ってみましょう。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』 何度でも人々の胸を打つ―― 煉獄杏寿郎の“心を燃やす”名言振り返り

●「俺の継子(つぐこ)になるといい 面倒をみてやろう!」

杏寿郎は、炭治郎が所属する鬼の討伐を任務とした組織・鬼殺隊の中でも“最強”と呼ばれる最高位「柱(はしら)」のメンバーの1人。炭治郎が初めて共同で任務を行う柱が杏寿郎だ。これまで顔は合わせているが特別親しい間柄では無かった2人だが、列車の中で合流した後まもなく杏寿郎が炭治郎に放ったのがこの言葉。
“継子(つぐこ)“とは、柱や元柱の弟子の様な存在で、次期・柱として直々に育てられる若手の剣士の事。まだ深く知らないはずの炭治郎を見込んで、さらなる成長に手を貸そうとする懐の深さや、はっきりと快活でどこか付いて行きたくなるような安心感のある杏寿郎らしいセリフのひとつだ。


当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月5日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。