「シンプルにダサい」「どこに炎上要素があるかわからない」 レッドブル『くたばれ、正論』広告に賛否両論渦巻く

「シンプルにダサい」「どこに炎上要素があるかわからない」 レッドブル『くたばれ、正論』広告に賛否両論渦巻く
拡大する(全1枚)

レッドブル・ジャパンは、2021年2月1日から主力となる『レッドブル・エナジードリンク』『レッドブル・シュガーフリー』(250ml)を現行の241円から190円(税別)に下げるなどの価格改定を発表。成人式に合わせて読売新聞全国版朝刊に「くたばれ、正論」と題した広告を掲載して、賛否両論を巻き起こしました。

クリエイティブディレクターの辻愛沙子氏(@ai_1124at_)や評論家の勝部元気氏(@KTB_genki)は次のように批判。

よくもこんなコピーを世の中に発信できたなと目を疑った。
同じ広告クリエイティブの仕事を担う者として、正直怒りで手が震えた。

“面白い”と感じた誰かの身勝手な本能とやらによって、美しくある余裕も持てず、まっすぐになることもできず、踏みつけられ翼を折られた人たちが沢山いるというのに。

この世の中は、「正しさ」が行き過ぎているどころか、それが足りないせいで力ある者の身勝手な衝動・バカ・本能を抑えられず、苦しみ悩まされている人たちがたくさんいるというのに。
翼をさずけなければならない人たちの翼をへし折る人たちに翼をさずけるような最低な広告だと思いました。

ほかにも「不愉快」「シンプルにダサい」という声が上がっていたほか、創業者のディートリヒ・マテシッツ氏がEUの移民政策に批判的で、左派の政治家・活動家にしばしば辛辣な発言をしていることから、「DHC会長みたいな人間」という意見もありました。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク