米国の最低賃金の引き上げ反対派にTwitterで反論する人が続出 「最低賃金がニュージーランドの半分でよく先進国を名乗れるよね」「時給15ドル払えないようなら、ビジネスなどしないほうが良い」

米国の最低賃金の引き上げ反対派にTwitterで反論する人が続出 「最低賃金がニュージーランドの半分でよく先進国を名乗れるよね」「時給15ドル払えないようなら、ビジネスなどしないほうが良い」
       

ジョー・バイデン次期米大統領が経済対策のひとつとして打ち出しているのが、最低賃金の引き上げです。

「週40時間働いている人は、誰も貧困ラインを下回ってはいけない」ということで、2009年から時給7.25ドル(約750円)のままとなっている最低賃金を時給15ドル(約1560円)まで引き上げることを掲げています。

最低賃金の引き上げに異論を唱える人(共和党議員など保守系中心)にTwitterで反論する人が続出しているようです。


https://twitter.com/banalplay/status/1350470788202291200

「1998年にウェンディーズで働いていた時、時給は現在の最低賃金と同じ7.25ドル(約750円)でした。当時のセットメニューは税抜4.45ドル(約460円)。現在そのセットメニューの値段は9ドル(約935円)です。最低賃金を倍増すると値段も倍増すると主張してる人たちは一体何を言ってるんでしょうね」


https://twitter.com/khoidaooo/status/1350535414998712321

「ファストフード業界で働いている人たちは、パンデミックのさなかでもあなたたちが食事にありつけるよう命を張ってこの1年を過ごしました。それなのに、あなたたちは彼らの時給は安くてもかまわないという議論をしているのね」


https://twitter.com/lexi4prez/status/1350874673475534848


当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月19日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。