ブルーレイ&DVD発売中『トガニ 幼き瞳の告発』の原作者が取材ウラ話を激白! 「被害者たちが感じている疎外感の表現に苦労しました」

ブルーレイ&DVD発売中『トガニ 幼き瞳の告発』の原作者が取材ウラ話を激白! 「被害者たちが感じている疎外感の表現に苦労しました」
3月2日(土)のブルーレイ&DVD発売後、好セールスを記録中という『トガニ 幼き瞳の告発』。このほど映像特典である「原作者来日インタビュー」の映像の一部が編集部に到着! 来日した原作者・孔枝泳(コン・ジヨン)氏が、事件を取材した苦労話を激白しているぞ!

韓国本国で460万人以上の観客が戦慄した同作は、ある聴覚障害者学校で2000年から6年間、実際に起きた性的暴行・虐待事件の真相、そして顛末を描いたセンセーショナルな告発系サスペンス。校長を筆頭に複数の教職員が生徒たちに対して日常的に性的虐待を行っていたというショッキングな内容を映画で問うた衝撃作で、ジヨン氏は原作となった小説を執筆。その執筆にあたっては被害者のみならず、加害者の取材まで敢行。両方の言い分を聞く公平な立場を採って事件の真相に迫ったものの、予想以上の困難が待っていた。

到着した動画内でジヨン氏は、「地方の現場まで取材に行くのが大変でしたし、何よりもつらかったのは、テーマが児童性的虐待だということです」と取材の苦労を激白する。「しかも被害者は聴覚障害者でした。まず彼らを理解するのに時間がかかりました。手話というのは言葉をただ手で表すのではなく、まったく異なる1つの言語だったんです。また、彼らが抱いている疎外感を表現するためにとても苦労ししました」と実情の説明を続ける。しかし、その努力が実って映画を観た国民は大激怒! 政府を動かす事態にまで発展した。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2013年3月8日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。