脚本・監督 庵野秀明『シン・仮面ライダー』2023年公開決定!最初の企画メモから足掛け6年「映画作品という形で少しでも恩返しをしたい」

脚本・監督 庵野秀明『シン・仮面ライダー』2023年公開決定!最初の企画メモから足掛け6年「映画作品という形で少しでも恩返しをしたい」
拡大する(全2枚)

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が大ヒット上映中、そして『シン・ウルトラマン』の公開が待たれる中、庵野秀明氏 脚本・監督による更なる新プロジェクトが発表! 『シン・仮面ライダー』が2023年3月に公開決定!

4月3日(土)19:30、『仮面ライダー』の放送開始からちょうど生誕50周年にさし掛かった瞬間に開始された会見にて、会場内、そして世界中の視聴者に初めて解禁されたのは『シン・仮面ライダー』の超特報。

そして、その映像内にクレジットされたのは「脚本・監督 庵野秀明」の文字。世界驚愕の発表に対し、スクリーンに大々的に映し出された超ティザービジュアルを前にした白倉取締役より「1971年、今からちょうど50年前に放送された『仮面ライダー』を基に、脚本・監督に庵野秀明さんを迎え、完全新作オリジナル映画作品『シン・仮面ライダー』を製作する運びとなりました。このタイミング、今日この日にこの作品を発表できることを大変嬉しく思います。公開は2023年3月となります」と作品について説明が行われた。

さらに続けて、「いまビジョンに写っているのはこの映画のイメージ画であり、作品に参加されている前田真宏さんにお描きいただきました。撮影はこれからになりますが、どのような作品になるか私自身好奇心のエンジンがブルンブルンでございます」と自身が携わる『機界戦隊ゼンカイジャー』についても触れるなど会場に笑いも起こしながらコメントした。


この記事の画像

「脚本・監督 庵野秀明『シン・仮面ライダー』2023年公開決定!最初の企画メモから足掛け6年「映画作品という形で少しでも恩返しをしたい」」の画像1 「脚本・監督 庵野秀明『シン・仮面ライダー』2023年公開決定!最初の企画メモから足掛け6年「映画作品という形で少しでも恩返しをしたい」」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク