『クレヨンしんちゃん』は別の漫画家が作画で再開されるのか?

『クレヨンしんちゃん』は別の漫画家が作画で再開されるのか?
人気漫画『クレヨンしんちゃん』の作者・臼井儀人先生が長野県境の荒船山で遺体となって発見され、ファンをはじめ、多くの人たちから悲しみの声が上がっている。転落が死亡原因のようで、崖の下のようすを写真撮影しようとして誤って転落してしまった可能性があるという。9月21日、『クレヨンしんちゃん』の発行元の双葉社は記者会見を行い、島野浩二編集局次長ら数人が出席した。

ガジェット通信が双葉社と関係のあるライターに取材をしたところ、「島野浩二編集局次長は “しまにゃん” と呼ばれることもあるほどコミカルで楽しい人物なのですが、たんたんと話していながらも記者会見で辛さを押し殺しているのがなんとなくわかりました。本当にみんな辛い心境だと思います」とコメント。臼井先生が亡くなったことで多くの人たちが悲しみの中にいることが改めてわかった。

しかし、作者が亡くなっても作品は生き続ける。『クレヨンしんちゃん』は世界的に絶大な人気を誇っている漫画だけに、多くの人たちが存続を希望すると考えられる。その場合、ふたつの存続方法があると思われる。

・『サザエさん』のようにアニメだけ続けられる
・『ドラえもん』や『カバチタレ』のように絵柄はそのままで他の漫画家が作画をする

『サザエさん』は作者の長谷川町子先生が亡くなった後もテレビアニメーションとして今も続いている。いまの10~20代の人たちは長谷川町子先生の漫画『サザエさん』は知らなくても、アニメの『サザエさん』は知っているという人が多いと思われる。『ドラえもん』や『カバチタレ』のように、原作者の絵柄をそのまま他の漫画家が執筆するというやり方も考えられる。ちなみに『カバチタレ』は “監修・作画の原作者” が亡くなる前から他の漫画家が執筆していた(ストーリー原作者はご存命です)。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. クレヨンしんちゃん アニメ
  2. クレヨンしんちゃん 映画
ガジェット通信の記事をもっと見る 2009年9月21日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「クレヨンしんちゃん + アニメ」のおすすめ記事

「クレヨンしんちゃん + アニメ」のおすすめ記事をもっと見る

「クレヨンしんちゃん + 映画」のおすすめ記事

「クレヨンしんちゃん + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「新世紀エヴァンゲリオン」のニュース

次に読みたい関連記事「新世紀エヴァンゲリオン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら