ネタ系ナチス映画に苦情は来るのか? 『アフリカン・カンフー・ナチス』セバスチャン・スタイン監督インタビュー

ネタ系ナチス映画に苦情は来るのか? 『アフリカン・カンフー・ナチス』セバスチャン・スタイン監督インタビュー
拡大する(全10枚)

インタビュー相手がヒトラーの扮装をしていることはこれが初めてである。

特徴的なちょび髭を着け、髪をなでつけ、軍服に身を包んで、朗らかにZoomインタビューに応じてくれたのは、日本在住ドイツ人のセバスチャン・スタイン監督だ。彼の突飛なアイデアから生まれ、自身もヒトラー役で出演した映画『アフリカン・カンフー・ナチス』は、二度見必至のタイトルとあらすじでネットを中心に話題を呼び、6月12日よりまさかの劇場公開がなされる。

同作は、ガーナのカンフー青年とヒトラーたちとの戦いを描く物語。第二次世界大戦後に密かに生き残っていたヒトラーと東條英機が亡命先のガーナを制圧し、地元の人々を“ガーナ・アーリア人”として洗脳、世界征服のための最強武闘会を開催する。地元のカンフー道場を潰され、最愛の女性を奪われた青年が、厳しい修行のもと最強のカンフーを習得して復讐にのぞむ。

セバスチャン・スタイン監督は日本在住16年。日本語もしゃべれないままワーキングホリデーで日本へとやってきて、映像制作の仕事をこなす傍ら、ドイツ人エキストラとしてゴールデンタイムのテレビ番組や有名映画にも出演してきた経歴を持つ。日本に残った理由は「自分でも全然分からない(笑)」と、すっかり堪能になった日本語で教えてくれた。

ネタ系ナチス映画に苦情は来るのか? 『アフリカン・カンフー・ナチス』セバスチャン・スタイン監督インタビュー

本作の“アフリカ”と“カンフー”と“ナチス”。逆立ちしても思いつかない組み合わせだが、一体どのようにしてこのアイデアが生まれたのだろうか。


この記事の画像

「ネタ系ナチス映画に苦情は来るのか? 『アフリカン・カンフー・ナチス』セバスチャン・スタイン監督インタビュー」の画像1 「ネタ系ナチス映画に苦情は来るのか? 『アフリカン・カンフー・ナチス』セバスチャン・スタイン監督インタビュー」の画像2 「ネタ系ナチス映画に苦情は来るのか? 『アフリカン・カンフー・ナチス』セバスチャン・スタイン監督インタビュー」の画像3 「ネタ系ナチス映画に苦情は来るのか? 『アフリカン・カンフー・ナチス』セバスチャン・スタイン監督インタビュー」の画像4
「ネタ系ナチス映画に苦情は来るのか? 『アフリカン・カンフー・ナチス』セバスチャン・スタイン監督インタビュー」の画像5 「ネタ系ナチス映画に苦情は来るのか? 『アフリカン・カンフー・ナチス』セバスチャン・スタイン監督インタビュー」の画像6 「ネタ系ナチス映画に苦情は来るのか? 『アフリカン・カンフー・ナチス』セバスチャン・スタイン監督インタビュー」の画像7 「ネタ系ナチス映画に苦情は来るのか? 『アフリカン・カンフー・ナチス』セバスチャン・スタイン監督インタビュー」の画像8
「ネタ系ナチス映画に苦情は来るのか? 『アフリカン・カンフー・ナチス』セバスチャン・スタイン監督インタビュー」の画像9 「ネタ系ナチス映画に苦情は来るのか? 『アフリカン・カンフー・ナチス』セバスチャン・スタイン監督インタビュー」の画像10
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク