大原櫻子「辛いことがあっても、弱音を吐いてはいられない…」 命を扱う映画『犬部!』出演で表現者としての想いを新たに

大原櫻子「辛いことがあっても、弱音を吐いてはいられない…」 命を扱う映画『犬部!』出演で表現者としての想いを新たに
拡大する(全10枚)

捨て犬や捨て猫を救うため、現役の獣医科大学生が立ち上げた実在したサークル「犬部」の活躍を描く映画『犬部!』が現在公開中です。動物たちを守ろうと奮闘する主人公や仲間を、林遣都、中川大志という実力派俳優たちが演じるなか、ミュージシャン/俳優として活躍する大原櫻子さんが、中川さん演じる柴崎涼介の後輩・佐備川よしみ役を好演しています。自身も大の動物好きという大原さんですが、映画『犬部!』との出会いを通じて、想いを新たにする瞬間が少なくなかったと言います。話を聞きました。

■公式サイト:https://inubu-movie.jp/

大原櫻子「辛いことがあっても、弱音を吐いてはいられない…」 命を扱う映画『犬部!』出演で表現者としての想いを新たに
大原櫻子「辛いことがあっても、弱音を吐いてはいられない…」 命を扱う映画『犬部!』出演で表現者としての想いを新たに

●今回の『犬部!』という作品は、ご自身にとってはどういう作品になりましたか?

わたしは犬や猫が大好きで飼いたいなとずっと思っているのですが、飼いたい価値観が変わったように思います。ただかわいいから飼いたいのではなく、命の重みを考えると、飼う大変さをすごく学びました。いい意味で今は思いとどまっています。

●これまで飼った経験はない?

ないんです!本当に飼いたいと思っていて家族全員が好きなので、実家で飼いたいよねという話はずっとしています。でも、大好きだからこそ、簡単に飼いたいとは言えなくなりました。

●動物への想いが変化しただけでなく、本作に関わったことで、表現をする人として仕事上の変化は何かありましたか?

わたし自身もエンターテインメントで皆さんに楽しんでいただき、笑ってもらうお仕事なので華やかに見えがちですが、やはり思いとしては命がけです。ひとつひとつのお仕事を感謝しながらやらせていただいているので、どういうお仕事でも頑張らなくちゃと、基本的なことですが改めて思いました。


この記事の画像

「大原櫻子「辛いことがあっても、弱音を吐いてはいられない…」 命を扱う映画『犬部!』出演で表現者としての想いを新たに」の画像1 「大原櫻子「辛いことがあっても、弱音を吐いてはいられない…」 命を扱う映画『犬部!』出演で表現者としての想いを新たに」の画像2 「大原櫻子「辛いことがあっても、弱音を吐いてはいられない…」 命を扱う映画『犬部!』出演で表現者としての想いを新たに」の画像3 「大原櫻子「辛いことがあっても、弱音を吐いてはいられない…」 命を扱う映画『犬部!』出演で表現者としての想いを新たに」の画像4
「大原櫻子「辛いことがあっても、弱音を吐いてはいられない…」 命を扱う映画『犬部!』出演で表現者としての想いを新たに」の画像5 「大原櫻子「辛いことがあっても、弱音を吐いてはいられない…」 命を扱う映画『犬部!』出演で表現者としての想いを新たに」の画像6 「大原櫻子「辛いことがあっても、弱音を吐いてはいられない…」 命を扱う映画『犬部!』出演で表現者としての想いを新たに」の画像7 「大原櫻子「辛いことがあっても、弱音を吐いてはいられない…」 命を扱う映画『犬部!』出演で表現者としての想いを新たに」の画像8
「大原櫻子「辛いことがあっても、弱音を吐いてはいられない…」 命を扱う映画『犬部!』出演で表現者としての想いを新たに」の画像9 「大原櫻子「辛いことがあっても、弱音を吐いてはいられない…」 命を扱う映画『犬部!』出演で表現者としての想いを新たに」の画像10
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク