暑い夏を爽やかな気分にしてくれる  “音楽”に注目のアニメーション映画3選

暑い夏を爽やかな気分にしてくれる   “音楽”に注目のアニメーション映画3選
拡大する(全4枚)

セザール賞長編アニメーション賞受賞をはじめ、世界中で喝采を浴び、日本でも絶賛されたオーレル監督長編アニメーションデビュー作『ジュゼップ 戦場の画家』を、8月13日(金) 、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開となります。

日本の映画祭でも喝采を浴び、早くから話題となった『ジュゼップ 戦場の画家』。有刺鉄線を越えた友情、メキシコ亡命、そしてフリーダ・カーロとの恋。人生の彩りを取り戻していく姿を、異国情緒あふれる音楽で描き上げ、リュミエール賞で音楽賞受賞をはたした。これまでにない試みでの挑戦的な音楽創作がされた『竜とそばかすの姫』(21)が第74回カンヌ国際映画祭で公式上映され、約14分間のスタンディングオベーションを受け、日本で公開されるやいなや大ヒットスタートを切るなど、映像だけでなく、音楽にも力を入れたアニメーション映画がいま、話題を呼んでいます。

そこで、“音楽” にも注目のアニメーション映画をピックアップ!猛暑、そしてコロナ禍のいま、気分を明るくしてくれる音楽で、多幸感に包まれる夏を過ごしてみてはいかがでしょうか。

暑い夏を爽やかな気分にしてくれる   “音楽”に注目のアニメーション映画3選

■『ジュゼップ 戦場の画家』8月13日(金) 、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
フランス版アカデミー賞として知られるセザール賞長編アニメーション賞、リュミエール賞アニメーション賞、音楽賞受賞。ヨーロッパの映画賞を総なめにし、日本では東京アニメアワードフェスティバル 2021コンペティション部門長編アニメーションで見事グランプリを獲得。スペイン内戦により、避難先のフランスの強制収容所で難民となった実在の画家ジュゼップ・バルトリ。愛する人との再会を胸に、どんな現実も描くことで乗り越えた感動の実話。音楽を担当したのは“スペインのアカデミー賞”ことゴヤ賞に輝き、2018年と2019年の2度にわたりジャズクラブの老舗Blue Note Tokyoで来日公演を果たした現代カタルーニャの歌姫シルビア・ペレス・クルス。あるシーンで流れる「Todas Las Madres Del Mundo」(https://youtu.be/OeAyoRrYC0g)のエモーショナルな歌声が、感情を掻き立てる。異国情緒あふれる音楽に乗せて、人生に彩りを取り戻していくジュゼップの姿が色鮮やかに映し出されます。


この記事の画像

「暑い夏を爽やかな気分にしてくれる   “音楽”に注目のアニメーション映画3選」の画像1 「暑い夏を爽やかな気分にしてくれる   “音楽”に注目のアニメーション映画3選」の画像2 「暑い夏を爽やかな気分にしてくれる   “音楽”に注目のアニメーション映画3選」の画像3 「暑い夏を爽やかな気分にしてくれる   “音楽”に注目のアニメーション映画3選」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク