巨匠・山田洋次監督のもと永野芽郁が手にした「今までにない感覚」「『こうしなさい』ではなくて『こういうのはどうだろう か?』と聞いてくれる」

巨匠・山田洋次監督のもと永野芽郁が手にした「今までにない感覚」「『こうしなさい』ではなくて『こういうのはどうだろう か?』と聞いてくれる」
拡大する(全2枚)

1920年から、日本映画史を飾る傑作、ヒット作の製作、配給、興行を続けてきた松竹映画は昨年2020年に100周年を迎えました。そんな松竹映画100周年を記念した作品となる『キネマの神様』が8月6日より公開となります。

日本映画界を代表する山田洋次監督のもと豪華キャストが集結。撮影の中断など幾多の困難を乗り越えた奇跡の作品として完成した本作。26年間で全48作品が製作された国民的映画「男はつらいよ」シリーズを手掛け、これまで88本もの映画を監督し日本映画界の歴史に名を刻んできた山田洋次監督が手掛ける記念すべき松竹100 周年作品のヒロインに大抜擢された永野芽郁さんは、巨匠・山田監督との撮影で「今までにない感覚」を自分のものにしたのだと告白。永野の中から新たな感覚を引き出したのは、山田監督が自分で考える時間を役者に与えてくれ、今までの永野自身が考えもつかなかった動きやセリフの吐き出し方を引き出すという演出手法によるもので、女優として大きく羽ばたく永野へ影響を与えたことを熱く語っています。

永野さんはNHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」でヒロイン鈴愛に抜擢。幼い頃にかかった病気が原因で左耳が聞こえなくなるが、前向きに突き進む女性を生き生きと好演しました。この時、永野は左耳に耳栓をして過ごしたり、実際に片耳の聴力が無い方から話を聞いたりと、入念な役作りに取り組み、鈴愛役でエランドール賞新人賞を受賞。そんなひた向きに役と向き合う女優魂に溢れる永野も山田監督の現場は今までにない体験だったそう。


この記事の画像

「巨匠・山田洋次監督のもと永野芽郁が手にした「今までにない感覚」「『こうしなさい』ではなくて『こういうのはどうだろう か?』と聞いてくれる」」の画像1 「巨匠・山田洋次監督のもと永野芽郁が手にした「今までにない感覚」「『こうしなさい』ではなくて『こういうのはどうだろう か?』と聞いてくれる」」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク