くりぃむしちゅー新番組や『水曜日のダウンタウン』も! ブーム到来「遠隔操作」の恐るべき破壊力

くりぃむしちゅー新番組や『水曜日のダウンタウン』も! ブーム到来「遠隔操作」の恐るべき破壊力
拡大する(全1枚)

17日放送の新番組『くりぃむナンタラ』(テレビ朝日系)で行われた前代未聞のドッキリ企画が話題沸騰。番組名が日本トレンド1位、世界トレンド2位に躍り出た。

それが、「人間インストール」。有田哲平、メイプル超合金・カズレーザー、クイズ作家の日髙大介といった面々が、くりぃむのクイズ番組『くりぃむクイズ ミラクル9』(同系)の収録スタジオの裏側に極秘潜入。別室で待機し、スタジオにいる柔道金メダリスト、ウルフ・アロン選手とSnow Man目黒蓮の2人に、隠しイヤモニで次々と答えをこっそり教えて正解を連発させるというものだった。
 
壮大なドッキリが行われていることも知らない、同じくSnow Man佐久間大介は、グループでも“おバカ”で知られている目黒が、「国民栄誉賞の受賞者」や、「アメリカの州の名前」をスラスラと答える姿にア然。「俺の知ってる目黒じゃない!」と大絶叫。だが、ここから目黒がさらに覚醒。

「全部で88ある国際天文学連合が定める星座の名前を答えよ」という問題で、 目黒は考えているふうな素振りをしながら、「コンパス座」「矢座」「炉座」「竜骨座」「定規座」「小馬座」「風鳥座」「テーブル座」など、正解を11個も次々と導き出したのだ。

対戦相手のクイズ女王・宮崎美子は、目黒の天才ぶりに彼女は「何コレ!? すごい」と驚愕。だが彼よりわずかに1個上回る解答数だったため、からくも勝利。手を叩いて喜びを爆発させてていた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「くりぃむしちゅー」に関する記事

「くりぃむしちゅー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「くりぃむしちゅー」の記事

次に読みたい「くりぃむしちゅー」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク