次々にPSPやWiiが犠牲に? 違法なゲームコピーが可能なツール続々

「検証のためにやっている」、「コピーじゃなくてバックアップだ」、「訴えられるなら訴えてみろ」という人たちがいる。PSPやWii、ニンテンドーDSのゲームソフトをハードディスクやメモリーカード等にコピーしている人たちだ。2009年10月現在、すでにPSPやWiiはコピーガードやさまざまな機能がクラッキング(破壊 / 改造)され、本来ならば起動しないはずのコピーゲームが動くようになっている。

それらのコピーゲームを動かすためのツールを開発している人物は多数おり、インターネット上に無料で公開。ゲームメーカーが新たな対策プログラムを導入してバージョンアップしたとしても、数日でコピーガード等をクラッキング。まさにイタチごっこが続いており、現状ではクラッキングツールの開発者が勝利している状態となっている。

それらのツールはどのように進化しているのだろうか? WiiやPSP、ニンテンドーDSすべてのツールに共通していえることは、バージョンアップの度にプレイできるむゲームが増えるということだ。コピーゲームを起動させることができるツールは、開発したばかりの段階では起動するゲーム数が少ない。つまり、普通に遊べないものばかりなのだが、バージョンアップを重ねる度にコピーゲームがちゃんと起動して遊べるようになり、コピーガードすら解除してしまうらしいのだ。

WiiのゲームをSDカード等にコピーして保存し、そこからデータをひっぱってゲームを起動させることもできるのだとか。PSPの場合は、やはりUMDソフトからデータをメモリースティックにコピーし、UMDがなくても遊べるようにできるのだという。もちろん、コピーガードもガンガン解除されている。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2009年10月1日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。