高木中日を「弱いチームの典型」と痛快批評 おべんちゃら解説者は権藤博を見習え!

プロ野球中継を観ていると、ただ放送席に座り、無駄に煽るだけという解説者を頻繁に見掛ける。結果論でしか話さなかったり、観たままを口にしたりする元選手がやけに目立つのだ。

この背景には、「あまり選手の悪口を言うな」「もっと盛り上げて」などの指示がテレビ局側から飛んでいるからと言われている。

だが、選手へのおべんちゃらが続いたり、10点差ついているのに「まだわかりません」などと何の根拠もない煽られ方をしても、視聴者はさらにシラケるばかりだ。

そして、「ここで褒めておけば現場復帰もありえるかもしれない」という解説者自身の邪な気持ちが見え隠れする場合もある。

そのなかで、異彩を放っているのが、権藤博前中日投手コーチだ。

5月5日の中日対DeNA(ナゴヤドーム)の解説を務めた権藤は、本音でしゃべりまくった。

中日のこの日の先発は山本昌だったが、高木監督は4回途中2失点、79球で交代を告げた。 この起用法に、昨年高木監督と“70'Sバトル”を繰り広げた権藤は驚きを隠せなかった。

「なんですか、これ?」

実況「しかも左の三瀬、ちょっとこれはビックリな交代になりました」
権藤「悔しいですよね。先発ピッチャーは行ける所まで行かないと、ピッチャー足りなくなりますし、メジャーでは6回まで自責点3以内であれば合格点なんですよね。だから、その権利まで奪われてしまっているわけですよ」

と山本昌の気持ちを代弁。

「確かに、これ以上点を取られるのは痛いのは痛いですけど、今日を含めて、明日からまたヤクルトとの3連戦ある。中継ぎをこんな所で突っ込んでいると、競ったときや打ち合いになると、ピッチャーがいなくなっちゃいますよ」

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2013年5月31日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。