松田聖子「死んでもこういう仕事につかせたくない」と娘・沙也加のデビューに反対していた

芸能事務所『サンミュージックプロダクション』の創業者で、数多くのタレントを世に送り出してきた相澤秀禎代表取締役会長(享年83)の通夜が28日、東京・青山葬儀所で営まれ、サンミュージック所属タレント第1号の森田健作千葉県知事や酒井法子など約1500人が参列した。

この中には、デビュー前に相澤会長宅に下宿生として住み込み、芸能人としての基礎を学んだ松田聖子の姿もあった。聖子は、デビューから10年間、サンミュージックに所属。89年に独立したが、07年には業務提携契約を結ぶ形で復帰している。

聖子の横には、娘である神田沙也加も寄り添っていた。現在、沙也加は聖子の事務所『ファンティック』に所属し、 母親と二人三脚で芸能活動を行なっている。

だが、松田聖子が神田正輝と結婚する3年ほど前、20歳のときに出版した『青色のタペストリー』(82年12月発行、CBS・ソニー出版)には、こう書かれていた。

<将来私に息子や娘がいて、どうしても歌手になりたいといったら、私はどんなことをしても反対します。
 そのかわり、自分が生まれ変わってなにかをやり直すとしたら、私はもういちど歌手になります。
 私の子どもたちには、死んでもこういう仕事につかせたくない。でも、私はもういちど歌手になりたい。矛盾しているようですけれども、これがいまの私のいちばん正直な気持ちなんです。
 いまから何年後かに、私はきっと誰かの奥さんになって暖かい家庭をきずいていることでしょう。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2013年6月4日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。