田中将大と江川卓はどちらが凄い? 時代の先端を行き過ぎた『100球肩』

「そろそろ、100球ですからね。もう交代でしょう」

テレビでプロ野球中継を観ていると、解説者が毎試合のように口にするセリフである。

一体、いつから先発投手は恥を忍ばずにマウンドを降りることになったのか。10年毎に、リーグ別の完投数を振り返ると、以下のような数字が出る。

この表を参考に、大雑把ではあるが『先発』と『完投』について考えてみよう。

三昔前は「先発は完投すべきである」
二昔前は「先発はできる限り完投すべきである」
一昔前は「エースは完投すべきである」
現在は 「エースはできる限り完投すべきである」

と徐々に、先発投手が担うべき責任回数が減っていると言える。

10年前は、2番手、3番手の先発はリリーフの力を借りて当然という風潮はあったが、「エースは完投すべきである」という空気があり、上原浩治(巨人)や松坂大輔(西武)は投げれば完投することを求められた。

だが、今となっては、エースでさえも、完投することが必ずしも求められていないといえよう。'12年シーズンの最多完投は、セ・リーグが三浦大輔(DeNA)の5、パ・リーグが田中将大(楽天)の7である。

現代野球に対して、あの男はどのような見解を示しているのだろうか。

今から四半世紀ほど前、5,6回になると急に打たれ出し、「100球肩」と揶揄されたエース。“昭和の怪物”と呼ばれた江川卓(巨人)である。

先発は完投することが求められた時代、右肩を痛め、晩年に差し掛かっていた江川は「わずか100球しか持たないダメ先発投手」の烙印を押されていた。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2013年6月6日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。