日本は島国なのになぜ戦車が必要なのか? part1

日本は島国なのになぜ戦車が必要なのか? part1
戦争とか軍備とか防衛というものから無意識にフォーカスを外しておりました。自分が住んでいる国のことなので、やはり考えてみる必要がありますよね。今回はzyesutaさんのブログ『リアリズムと防衛を学ぶ』からご寄稿いただきました。

日本は島国なのになぜ戦車が必要なのか? part1
『戦車不要論』というものがあります。「陸上自衛隊が戦車なんか保有するのはムダだ」というような意見です。結論から言えば、これは余りに無茶な考えです。ですがこれを批判するのはなかなか大変です。「なぜ1+1=2なの?」というような単純な疑問ほど、きちんと答えようとすると難しいのと同じで「なぜ日本に戦車が必要なの?」もあまりに素朴な疑問すぎて、本気で答えようとすると大変なのです。

逆に考えればこれはメリットです。「なぜ日本に戦車が必要なの?」という単純素朴な問いに答えることで、日本の防衛戦略といった大局から、戦車の特徴といった細かい点まで、通して説明することができるからです。いささか大変ではありますが、チャレンジしてみたいと思います。

今回は『戦車不要論』の概説と、「そもそも戦車って何じゃ?」という点についてです。

『戦車不要論』はこんな感じ
日本に戦車なんかムダだ、という意見は、例えばこんな感じです。
--------------------
日本の一体どこで戦車戦が展開されるのでしょう? ヨーロッパのような丘陵・平原地帯や、中東のような砂漠地帯とは違います。山や市街地で戦車が何の役に立つというのでしょう。歩兵戦の方がずっと重要になるでしょう。それなのに自衛隊が戦車なんか持っているのは、彼らの頭が古くて、戦争ゲーム感覚でカッコイイ兵器を持ちたいだけなのです。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2009年11月9日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。