日テレの番組『ZIP!』のロンパリ発言問題 日本からロンドンとパリを見ると方角はほぼ同じだがその定義の真意は?

日テレの番組『ZIP!』のロンパリ発言問題 日本からロンドンとパリを見ると方角はほぼ同じだがその定義の真意は?
拡大する(全1枚)
日本テレビ系列の情報番組『ZIP!』で出演中のタレント曽田茉莉江さんが番組中に「ロンパリ」と不適切な発言を行ったとして謝罪を行った。事の経緯はTOKIOの山口達也さんと曽田茉莉江さんがしりとりをしている最中に起きた。
山口達也さんからしりとりは始まり「アルマジロ → ロン毛 → ゲゲゲの鬼太郎 → ロンパリ!」となった(そもそもゲゲゲの鬼太郎で終わった場合は「う」である)。
この発言後に番組内で不適切だったと謝罪を行った。

●ロンパリという言葉そのものがおかしい?
ロンパリとは斜視の比喩表現を表した物で、一方の目でロンドンを、もう一方の目でパリを見ているという意味である。1950年代に普及した古い言葉。しかしこの言葉そのものに疑問が持たれる。ロンドン(イギリス)とパリ(フランス)はドーバー海峡を挟んで隣同士である。
ロンパリという言葉を作ったのが日本人ならこの言葉の意味は、実におかしい。日本からパリとロンドンの方角を見るとほぼ同じ方向を見るはずである。
実際に地図で見てみると20度の差も無いのである。
もっと分かりやすい例えを挙げるなら、ロンドンとブラジルで「ロンブラ」や韓国と台湾で「韓台」の方がしっくりくるのでは無いだろうか。

1950年代は自分は生まれていないので当時の流行にうといのだが、もしかしたらパリやロンドンのブームがあり、その2都市の名前が付けられた可能性もある。

●そもそも見ていた場所が違う説
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ゲゲゲの鬼太郎」に関する記事

「ゲゲゲの鬼太郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ゲゲゲの鬼太郎」の記事

次に読みたい「ゲゲゲの鬼太郎」の記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク