中畑監督が座禅を組ませたDeNA梶谷が狂乱 阿部慎之助ら抑え、三冠王獲得か

いったい、なにがあったのか。

DeNA梶谷隆幸(25)が狂ったように打ちまくっている。

昨年から、中畑監督に潜在能力を評価され、大きな期待を寄せられていた。

だが、今年になっても、二塁のベースカバーに入らなかったり、三塁にランナーが止まっているのに二塁から三塁へ猛ダッシュしたりと、チョンボを連発。

4月に中畑監督から二軍落ちを通告された際、座禅を組むことを命じられたことあった。それほど、集中力に欠けたプレーが目立っていたのだ。

だが、8月3日にケガから復帰すると、『2番・遊撃』で出場し、いきなり4安打。以降も打ちまくり、8月は14試合で7本塁打16打点、打率4割3分6厘(8月20日現在、記録は以下同)と異常なハイアベレージを残している。

月間三冠王も夢ではない数字なのだ。

2007年入団の梶谷は、6年間で通算3本塁打しか打っていない。

しかし、15日巨人戦から20日阪神戦まで5試合で5本塁打と驚異的なペースでホームランを量産。

8月の月間本塁打数では、8本のバレンティン(ヤクルト)、村田修一(巨人)を1本差で追っている。最近5試合で、バレンティン1本、村田0本。阿部慎之助(巨人)は8月5本で、最近5試合で1本。このまま、梶谷が打ち続ければ、8月の本塁打王になる可能性も高い。

打率は、4割5分5厘のバレンティン、4割5分3厘の石川雄洋(DeNA)に次ぎ、3位。だが、最近5試合でバレンティンが2割9分4厘、石川はケガで二軍落ち。それに対し、梶谷は20打数10安打の打率5割。この部門でも、梶谷の逆転は十分にあり得る。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2013年8月21日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら