「学生運動で初めて直面した社会の不条理」テリー伊藤が過去を語る 映画『ランナウェイ/逃亡者』

「学生運動で初めて直面した社会の不条理」テリー伊藤が過去を語る 映画『ランナウェイ/逃亡者』
拡大する(全2枚)
アカデミー賞に輝く名匠ロバート・レッドフォードが監督・主演を務めた『ランナウェイ/逃亡者』が10月5日(土)より全国公開。1969年、ベトナム戦争反対を訴え連続爆破事件をおこした過激派グループ“ウェザーマン”をテーマに、封印した過去を暴かれ、決死の逃避行を繰り広げる男の運命をスリリングに描いた話題作です。

この作品を自身も学生運動に参加経験があるテリー伊藤さんが絶賛。「あのとき僕らは懸命に闘った過去を後悔せず、今を生きろ!」など作品へのアツい想いを語っています。

●苦い過去を背負う男の切ない生き様

この映画はとても興味深く観られましたし、心揺さぶられる作品でした。まず登場人物の世代が近くて、物語の時代背景が僕自身の人生とオーバーラップするんですよ。かつて僕は学生時代、日本大学の全共闘に参加していて、体制に立ち向かう若者たちの闘いを描いた『いちご白書』(70年)という青春映画を観て涙を流したことがあるんです。『ランナウェイ/逃亡者』の登場人物も、まさにその時代にベトナム反戦運動に没頭していた人たちで、それから30年後の今、彼らがどんな思いを秘めて生きているかを描いている。青春時代の苦い経験を引きずっている彼らの生き様が、胸に切なく迫ってきましたね。

ロバート・レッドフォード演じる主人公ニック・スローンは、30年前の殺人罪で指名手配されている元過激派メンバーですけど、おそらく最初はピュアな理想を掲げて政治活動に身を投じたんだと思うんです。当時、そうした活動に関わっていた人たちって、みんな根が真面目なんですよ。

この記事の画像

「「学生運動で初めて直面した社会の不条理」テリー伊藤が過去を語る 映画『ランナウェイ/逃亡者』」の画像1 「「学生運動で初めて直面した社会の不条理」テリー伊藤が過去を語る 映画『ランナウェイ/逃亡者』」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク