新聞各社の電子化はどうなる? 毎日新聞は『Mainich iTimes』を『ビューン』より配信開始へ

新聞各社の電子化はどうなる? 毎日新聞は『Mainich iTimes』を『ビューン』より配信開始へ
毎日新聞社は、『iPad』向けに『毎日新聞』日刊の特別編集版『Mainich iTimes(マイニチ・アイタイムス)』の配信を、ソフトバンクグループのビューンによるコンテンツ配信サービス『ビューン』を通して6月1日からスタートします。『ビューン』には、30以上の新聞、雑誌、テレビニュースのコンテンツ(リリース時現在)がそろっており、ニュース、旅行、ビジネス、スポーツ、ファッションなど、さまざまなジャンルと年代に対応。新聞コンテンツは『毎日新聞』のほか『西日本新聞』や『スポーツニッポン』も参加しています。

さて、『iPad』日本発売から現時点までの、日本国内新聞社の主な『iPad』対応あるいは電子化への動きをざっくり見てみたいと思います。


『iPad』日本発売と同時に、国内初となる新聞購読アプリをリリースして話題を呼んだのは産経新聞社。『産経新聞』の日刊紙面を、すべてそのままのレイアウトで読める『産経新聞HD』を発表しました。当日の新聞データは毎朝午前5時にダウンロード可能。リリースから1ヵ月は無料、その後は1500円/30日で課金される予定で、アプリ開発には、ヤッパが協力しています。

続いて、6月1日にリリースされる『ビューン』のコンテンツに参加する形で、『iPad』配信をスタートするのが『毎日新聞』と『西日本新聞』および『スポーツニッポン』。毎日新聞は紙面を15~20ページに特別編集した『Mainich iTimes』を配信予定です。『ビューン』は、『iPad』のみならず『iPhone/iPod touch』やソフトバンク携帯電話向けに30以上の新聞、雑誌、テレビニュースのコンテンツをパッケージで配信するサービスで、月額使用料は『iPad』450円/30日、『iPhone/iPod touch』350円/30日、ソフトバンク携帯電話は315円/月。『iPad/iPhone/iPod touch』に関しては、アプリケーションを初めて立ち上げてから30日間は無料です。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2010年5月31日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら