デング熱、海外渡航での感染は年間112例 爆発的な感染拡大の可能性は低い?

8月28日、東京都と埼玉県は、渡航歴のない3人がデング熱に感染したと発表した。日本国内での発生は、69年ぶりのことになる。感染が発生したとみられている東京の代々木公園は、立ち入りを禁止し、28日にデング熱の原因となるデングウイルスを媒介する蚊の駆除するため、殺虫剤の散布を行った。(29日午前に、立ち入り禁止解除)

デング熱は、デングウイルスに感染した人の血を吸った蚊によって、媒介される疾病である。まれに出血症状を発症することがあり、その場合は適切な治療がなされないと、致死性の病気になりうるとされるが、大多数の場合、体内からウイルスが消失すると症状が消失する、予後は比較的良好な感染症である。ただし、予防のためのワクチンは存在しない。また、デングウイルスに対する特別な医薬品も開発されておらず、対症療法による経過観察を行い、治癒を図る治療法が一般的に行われる。

したがって、もっとも有効な疾病の予防法は、蚊に刺されないことと、殺虫などの防疫である。
そのためか、代々木公園でのデング熱発生の際には、殺虫剤メーカーの株価がストップ高になるなど、一部で過剰に反応する動きがみられた。

たしかに、デングウイルスを媒介するヒトスジシマカとネッタイシマカのうち、ヒトスジシマカは東北以南に見られるため、広域にわたってデング熱が発生する可能性は理論上否定できない。とはいえ、これらの蚊が、デングウイルスに感染した人の血を吸う機会は極めて少ないはずなので、少なくとも爆発的な感染拡大は発生しにくいはずである。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2014年8月31日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。