【2015ノイタミナ】伊藤計劃氏の遺作『虐殺器官』『ハーモニー』に続いて『屍者の帝国』も劇場アニメ化決定! 制作スタッフ陣も発表!

【2015ノイタミナ】伊藤計劃氏の遺作『虐殺器官』『ハーモニー』に続いて『屍者の帝国』も劇場アニメ化決定! 制作スタッフ陣も発表!

11月27日、お台場シネマメディアージュにて開催された『ノイタミナプロジェクト発表会2015』にて、小説家・伊藤計劃氏作品のアニメ化プロジェクト『Project Itoh』の新情報が発表された。伊藤計劃氏は『虐殺器官』と『ハーモニー』という2作品を遺して2009年に34歳という若さで夭逝した小説家。今年3月に開催された『ノイタミナラインナップ発表会2014』にて劇場アニメ化が発表された際に大きな話題を呼んだことが記憶に新しい方も多いだろう。


今回発表されたのは、『虐殺器官』『ハーモニー』の2作品と、伊藤計劃氏が書いた30ページの序文を、盟友の芥川賞作家の円城塔氏が書き継いで完成した小説『屍者の帝国』の劇場アニメ化も発表された。伊藤計劃氏が病床で探求し続けたテーマ「人は死してなお、生き続けることが可能なのか」がまさにここで実現するという事実が、“伊藤計劃”という名前を体現しているかのようである。


『ノイタミナ』の山本チーフプロデューサーは「人は何故生まれてきて、どこへ向かうのか。小説家は物語を遺すことで、どこに至ろうとしたのか。何か求めてやまないその魂が、映像にも宿ってほしい。遺された物語が、人々の心を揺さぶってほしい」とコメントしている。


劇場アニメ『虐殺器官』



(c)Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN


原作:伊藤計劃(ハヤカワ文庫JA)

監督:村瀬修功(『Ergo Proxy』)

キャラクター原案:redjuice

アニメーション制作:manglobe(『サムライチャンプルー』『Ergo Proxy』)

公開:2015年公開予定


あわせて読みたい

気になるキーワード

ガジェット通信の記事をもっと見る 2014年11月28日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。