職場は楽しくあらねばならない 驚きの米国職場体験

職場は楽しくあらねばならない 驚きの米国職場体験
今回はHALさんのブログ『The Wisdom of Crowds - JP』からご寄稿いただきました。

職場は楽しくあらねばならない。驚きの米国職場体験
この記事は“楽しい職場、アメリカの日本と全く異なる労働観”について紹介します。多くの日本人にとってはきっとeye opening(目が見開かれる)で、jaw dropping(あごが落ちる)な驚きの内容かと思います。協力してくれたのはノア。ノアは本当に楽しそうに働いているアメリカ人です。彼についてはすでに記事を書いているので、こちらも読んでみてください。

「New Yorkで最も幸せな住人の1人、Noah(ノア)。」 2010年5月3日 『The Wisdom of Crowds - JP』
http://wisdomofcrowdsjp.wordpress.com/2010/05/03/a070/

仕事をしている人なら毎日が常に忙しくない、時には暇な時間があることは知っているかと思います。日々の仕事には繁閑(はんかん)があります。でも、多くの日本企業の場合だと暇そうにしていると“評価が下がる”し、悪い場合には“叱責(しっせき)される”のはないでしょうか。だから多くの日本人はたとえ忙しくなくても、忙しいふりをしている人が多いと私は思います。

一方、ニューヨークで働くノアの場合(アメリカの一流金融企業勤務)はというと、彼の職場では仕事が暇な時には『Wii』で『大乱闘スマッシュブラザーズX』か『ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii』で遊んでいると言っていました。???? 私は最初ノアが何を言っているのか全く理解できませんでした。「同僚同士集まって『Wii』のテレビゲーム大会をしているのがアメリカの職場!?」とそれを聞いて驚いてあごが落ちました。ノアによると「仕事が忙しくないときは職場でみんなと遊ぶに限るよ♪」と言っていました。そしてまたjaw dropping(驚いてあごが落ちる)という表現はこの時ノアから教えてもらいました。思い返してみると、私のインターン先でも、金曜日の午後くらいになると“勤務時間中に社員の人同士が卓球をしている光景”をよく見ました。卓球をしている彼らは楽しそうでしたね。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2010年8月13日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。