ティム・バートンもビックリ! 世界に衝撃を与えた“ゴースト・ペインター”が語る「ビッグ・アイズ」騒動の真実とは?

ティム・バートンもビックリ! 世界に衝撃を与えた“ゴースト・ペインター”が語る「ビッグ・アイズ」騒動の真実とは?

『アリス・イン・ワンダーランド』、『チャーリーとチョコレート工場』などの話題作を贈りだす世界的ヒットメーカー、ティム・バートン監督の最新作『ビッグ・アイズ』が、ギャガ配給にて2015年1月23日(金)より公開となります。


「ビッグ・アイズ」を愛し、幼い頃から影響を受けていたティム・バートン監督。唯一無二の世界観でファンを魅了し続ける彼の待望の最新作は、バートン自身も耳を疑った、実在のゴースト・ペインターの物語!アメリカ史上最低と呼ばれた映画監督を描いた実話『エド・ウッド』以来、20年ぶりにして、遥かに奇想天外な題材を新たに選びました。




モダンアートに絶大なる影響を及ぼした画家、マーガレット・キーン役は『アメリカン・ハッスル』(13)でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたエイミー・アダムス。事件の鍵を握る曲者の夫、ウォルター・キーン役は『ジャンゴ・繋がれざる者』(12)でアカデミー賞助演男優賞を受賞したクリストフ・ヴァルツが演じています。


本作は1960年代、世界に衝撃を与えたゴースト・ペインターの実話。ゴースト本人であったマーガレット・キーンは1927年、アメリカ、テネシー州ナッシュビルに生まれ、幼い頃から絵を描くのが好きで、1950年代半ばにはサンフランシスコのノースビーチ野外展示会で、大きな目をした子供たちの絵を展示。そこでウォルター・キーンと出会い、結婚します。


「ビッグ・アイズ」を気にいった客が「この絵を描いたのは誰?」だと問い、ウォルターが自分を作者だと偽ったことから始まったこの事件。マーガレットはウォルターに疑問を投げかけた時のことを振り返ります。「帰宅すると彼は釈明しだしたわ。彼はこういったの、『僕らにはお金が必要だ。みんな、作品を描いた画家自身と実際に話していると思うと、その作品を一層買いたくなるものなんだ。みんな、僕が描けなくて、妻に描いてもらう必要があるとは思いたくないんだ。みんなすでに大きな目をする子供たちは僕が描いたと思っているし、それを急に描いたのは君だったなんて言ったら、訴訟だって起こりかねない』―彼はそういった状況を並べ立てたのよ」


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2015年1月5日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。