オードリー若林の目標設定の妙技

オードリー若林の目標設定の妙技
今回はadgtさんのブログ『凹レンズ~まとまりのない日記~』からご寄稿いただきました。

オードリー若林の目標設定の妙技
かなり昔になるのですが、『未来創造堂』というTV番組(2009年7月31日放送回)にオードリーが出演していました。その中で、若林が現在のオードリーのスタイルを確立するきっかけについて、彼の好きな岡本太郎と関連づけて語っていました。その若林の発想が非常に実用的で、独創的であったので紹介しようと思います。

あるサイトに、会話の起こしが載っていましたので引用します(読みやすいよう語尾・句読点など一部改訂)。

*****
若林「岡本太郎さんの太陽の塔なんですけど、なんで好きかっていうと、太陽の塔を作るいきさつがすごい好き。僕ら、ずーっと7年ぐらいウケなかったんですよ、全く。笑わそうと頑張ってるのに全然ウケなくて、頭が変になってきちゃって、6年間スベり続けてると。その時ちょうど岡本太郎さんの本とか、美術館とかに興味を持ち始めて。

太陽の塔を造ったいきさつが、進歩と調和っていう大阪の万博のテーマで、岡本太郎さんがオブジェを作ろうとしてたんですけど、「逆に調和と真逆のものを造ってやろうということで、太陽の塔が上からにらみつけているものを、調和と真逆のものを造ったんですよ」って本に書いてたんです。

“伝わらないものをやれ”っていうのを、岡本太郎さんの本で読んで。僕、すごい感化されちゃって。ウケないことを作ればいいんだと思って、春日に「ちょっと太陽の塔みたいな立ち方をしてくれ」って頼んだんですよ。...続きを読む

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2010年9月28日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。