変態デジカメ此処に極まる!究極の自分撮り2画面液晶デジカメ『SAMSUNG VLUU DV150F』開封の儀!

変態デジカメ此処に極まる!究極の自分撮り2画面液晶デジカメ『SAMSUNG VLUU DV150F』開封の儀!
変態デジカメ此処に極まる!究極の自分撮り2画面液晶デジカメ『SAMSUNG VLUU DV150F』

「子供の為に僕を撮ろう」


2004年の秋、ジャパネットたかたのCMで流れた言葉です。

その当時は、あまり記憶に残っていなかったのですが、子供が出来、カメラで子供を撮る様になって、ふと気づきました。

「・・・ちょっと待てよ。子供の写真は沢山撮影しているけど、自分が写っている写真が殆ど無いな」


意識しなければ自分が写っている写真は永遠に増えない


・・・そうなんです。考えてみれば当たり前なのですが、意識して自分を撮らない限り、自分が子供達と一緒に写り込む機会は殆どありません。子供が成長して、自分がその後、もし亡くなった時、子供の写真は沢山残っているけれど、肝心の私がほとんど写っていないじゃないか、という事に気がつきました。


「これではいけない・・・!」


早速、対策を考える事にしました。先日、ビデオカメラは、

『4Kワイプ自分撮り!』自撮りビデオカメラの最終形態『Panasonic HC-WX970M』

http://getnews.jp/archives/798441

を入手する事で、事無きを得ました。

問題はデジタルカメラです。デジタルカメラで、『自分撮り』の出来るカメラは、なかなか見当たりません。

いや、真の自分撮りカメラとしては、この機種が存在します。

キヤノンの、『PowerShot N100』です。

http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/n100/

このカメラは、背面液晶側にもリアカメラが付いています。カメラ背面のサブカメラとメインのカメラ画像を合成する、「デュアルキャプチャーモード」モードで撮影する事により、撮影者をワイプ画面で撮り込む事が可能です。

「これ、FURUの用途にピッタリじゃない。これにすればいいじゃない?!」


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2015年2月14日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら