登録した素材の著作権譲渡は「本意ではなかった」 スパイクの『ニコゲー』が利用規約を改訂

登録した素材の著作権譲渡は「本意ではなかった」 スパイクの『ニコゲー』が利用規約を改訂
9月15日にスパイクがリリースした、ユーザーがブラウザ上でFlashゲームを作成、共有できるサービス『ニコゲー』。現在早くも5000本以上のゲームがユーザーにより作成され、盛り上がりを見せていますが、開始直後にある問題が浮上しました。『ニコゲー』ではグラフィックや音などゲームの素材を公開してユーザー間で共有できるのですが、一部のユーザーからブログや『Twitter』で「公開した素材はスパイクに権利が譲渡されてしまうのではないか」と危惧する声が上がったのです。問題は『ニコゲー』の利用規約にありました。この声を受けて、スパイクは10月28日に利用規約を改訂。最初に公開された利用規約は、何が問題だったのでしょうか。スパイクに取材して改訂までの経緯を聞いてみました。



・利用規約は素材にも及ぶのか
『ニコゲー』は、『ジェネレーター』と呼ばれるツールを使ってゲームを作成します。『ジェネレーター』は、アクション、シューティング、アドベンチャー、クイズなどジャンルごとに用意されており、テンプレートとして用意されたゲームやほかのユーザーが作成したゲームをカスタマイズしてゲームを作ることも可能。ゲームには、自分やほかのユーザーが作成したグラフィックやサウンドなどの素材を『素材おきば』から取り込んで使うことができます。

ゲームづくりに自信がないユーザーは、素材の作者として参加することもできるのが特徴なのですが、あるユーザーが素材を公開後、利用規約の下記の部分に注目しました。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2010年10月29日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。