メディアの病

メディアの病
今回は内田樹さんのブログ『内田樹の研究室』からご寄稿いただきました。

メディアの病
怒るまいと思っても、つい。

今朝の毎日新聞の論説委員がコラムでが大学院教育の問題点について指摘していた。90年代からの大学院重点化政策についての批判である。

「“世界的水準の教育研究の推進”をうたい文句に大学院定員が拡大されたが、大量に誕生した博士たちを受け入れるポストは用意されなかった。路頭に迷いアルバイトで食いつなぐフリーター博士なる言葉まで生まれた」

この現実認識はその通りである。国策として導入された大学院重点化である。そのアウトカムについても国は責任をとるべきだろう。責任というと言葉が強すぎるなら、せめて、「定員増には、受け皿になる職がないという“リスク”も帯同しております」ということを大学院進学志望者たちに事前にアナウンスしておくくらいの“良心”はあってもよかったのではないかと思う。

それはよい。問題はその次の段落である。意味不明なのである。

「何年か前、さる大学に新設された大学院教授と話したことがある。“高度な専門知識を持つ職業人を育成したい。新聞社への就職も期待していますので、よろしく”。そうのたまうので、思わずツッコミを入れてしまった。“就活の開始時期が早過ぎて学部教育がおそろかになっている。それを放置しながら大学院で職業教育というのは本末転倒じゃないですか”」

この論説委員がどうして新聞社への就職を懇請した教授に対して自分には“ツッコミ”を入れる権利があると思えたのか、私にはどうしてもわからないのである。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2010年11月3日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら