『ドラゴンボール改』で賛否両論どころかブーイングばかり!?

『ドラゴンボール改』で賛否両論どころかブーイングばかり!?
拡大する(全1枚)

4月5日より、装いを新たに放送されたアニメーション『ドラゴンボール改』。これは『ドラゴンボールZ』のフィルムにHDリマスターというかたちで手を加え、改良されたものであり、まったくの新作でもないし、旧作のままでもない。どんな『ドラゴンボール』になるのかと、良い意味でファンを裏切ってくれることを期待して多くの人たちが注目していたが、本当の意味で期待を裏切ってくれたようだ。

現在のハイビジョンテレビに合わせて横長の映像にするため、過去のフィルムの上下をカット。それにより、キャラクターの頭が画面からはみ出して見えなかったり、シーンによっては不自然に思える場面もあるという。また、HDリマスターとはいえ、さすがに十数年前のアニメーション描写は現在よりも劣り、一新されてゼロから作られたオープニングのアニメーションと比較すると本編の古臭さが強調されて厳しいという声もあるようだ。

また、このことについて『にゅーあきばこむ』の記者は「『ごはんですよ』のCMが一番クオリティ高くて笑えるから本当に困ったものです」とコメントしており、インターネットのブログや『2ちゃんねる』で感想を読んでみると、まさにその通りの感想を持った人が多くいたようす。

しかし、よくよく過去の『ドラゴンボール』シリーズと後期に放送されていた『ドラゴンボールGT』を見比べてみると、なぜか過去の『ドラゴンボール』のほうがシックリくる。なぜなのかいろいろと考えてみたところ、後期の『ドラゴンボール』シリーズはキャラクターがオイルを塗っているかのようにツヤツヤしているのだ。悟空もブルマもウーロンもツヤツヤしまくっていて、ちょっと気持ち悪い……。そう考えると、『ドラゴンボール改』で完全に作り直しをしなくて、むしろ良かったのではと思うのだが、いかがだろうか?
 
イラスト: ピョコタン
 
 
こんな漫画のニュースもあります
経費が1800万円!? 人気漫画家が原稿料と印税を暴露!
どうして中国人のキャラクターは「〇〇アルよ!」と言うのか調べてみた
有名漫画家が漫画を持ち込むも漫画誌に門前払いを喰らう
『ドラえもん』の声優は現在と昔のどっちが良いのか判明!

当時の記事を読む

ガジェット通信の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ドラゴンボール」に関する記事

「ドラゴンボール」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ドラゴンボール」の記事

次に読みたい「ドラゴンボール」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年4月6日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

  1. ドラゴンボール 映画

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。