“ヒ素生物”の衝撃

“ヒ素生物”の衝撃
今回は佐藤健太郎さんのブログ『有機化学美術館・分館』からご寄稿いただきました。

“ヒ素生物”の衝撃
先日は、『NASA』から“宇宙生物学上の発見に関する会見”が行われるということで大いに盛り上がりました。筆者も「ついにどこかで宇宙生命がとっつかまったか」と期待したのですが、実際はカリフォルニアの塩湖で見つかった新種の細菌の話でした。「なんだよ期待させやがって」と一瞬思ったんですが、よく聞けばやはりすごい話で、この細菌はなんと毒性元素として知られるヒ素を体内に取り込み、DNAに組み込んで生活しているというのです。これはまあ宇宙人発見とはいわないものの、どう見ても世紀の大発見としか言いようがありません。さらにいろいろ聞くにつけ、この細菌は実に「ななななんじゃこりゃ」的な代物であるようです(論文はこちら *1 )。

*1:「A Bacterium That Can Grow by Using Arsenic Instead of Phosphorus」 『science』
http://www.sciencemag.org/content/early/2010/12/01/science.1197258.abstract

問題の細菌『GFAJ-1』

『GFAJ-1』と名付けられたこの細菌(こんなカメラの型番みたいなのではなく、もっとすてきな名前を考えてやってほしいですが)が見つかったのはカリフォルニア州のモノ湖で、強アルカリ性で塩分が濃く、ヒ素を大量に含んでいる湖だそうです。いかにも生き物向きでない場所ですが、こういうところに育つ奴ほど変ちくりんなのがいるので、生物学者はこういうところをよく調べます。で、今回はそうした変態ぞろいの“極限環境微生物”のなかでも、超大物を引っかけることに成功したわけです。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2010年12月11日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら