Xbox360版『Fallout3』体験版プレイレビュー【編集部責任編集】

Xbox360版『Fallout3』体験版プレイレビュー【編集部責任編集】

Xbox360とプレイステーション3、そしてWindowsで発売されている『Fallout3』。このゲームは、中国がブッ放した核弾頭が世界中を核の炎で包み、200年の歳月が過ぎた時代の物語である。西暦2277年、放射能から避けるために地下シェルターで暮らしていた青年が、ある日突然地上の世界へと出て行ってしまった父親を探すため、地下シェルターを出るところからゲームが展開する。

このゲームはプレイヤー視点でゲームが展開し、稚拙な表現だが3Dの空間を自由に移動し、話し、戦い、そして眠ることができる。まるでもうひとつの現実世界で冒険しているような感覚におちいる『Fallout3』は、ゲームの祭典『2009 Game Developers Choice Award』にて、2008年にもっとも素晴らしいゲームとして “Game Of The Year” を受賞した。はたして、その受賞の座にふさわしいゲームなのかどうか実際にプレイしてみた。ちなみに、プレイしたハードはXbox360である。グラフィックや一部の挙動面で違いはあれど、どの機種もほぼ同じプレイ感覚で楽しめるゲームである。

タイトル: Fallout3
ハード: Xbox360、PS3、Windows
メーカー: Bethesda Softworks
価格: 8,190円 (税込)
ジャンル: ロールプレイングゲーム

・リアルを生かしきれているポイント
このゲームのウリは、リアルに作られた核戦争後の広大なアメリカを自由に探索できることだ。住民と仲良くするのもアリ、皆殺しにするのもアリ、誰とも関わらずに自分ひとりで冒険するのもアリだ。「ゲームはグラフィックが命ではない」といわれた時代があったが、『Fallout3』はリアルなグラフィックがあってこそ楽しさを実感できるゲームといえる。かつて渋滞を起こしていたであろう道路や高架橋が朽ち果てていたり、二度と走ることがないであろうサビ付いたディーゼル列車が倒れていたりと、「実際に核戦争後はこのような世界になるんだろうな」と思ってしまうほど、リアルな世界を構築している。


あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2009年4月30日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら