「個人情報は管理できる」という迷信

 与謝野馨経済財政担当大臣政府が、国民全員に番号をつけた上で、社会保障や税の情報管理を一元化する共通番号制度の導入に向けて、推進本部を設置すると言いだした。住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)に、新たな情報を加えた上で、いわゆる国民総背番号制を実施しようという政府のもくろみが感じられる。

 住基ネットの賛否が問われたとき、個人情報の漏洩に対する危機感を表明する人が多かった。いまは与党である民主党も、党をあげて反対していた。だが、いまは推進する側にまわっている。時の流れは、政治家の信条を変えてしまうものなのか。

 ところで、個人情報といえば、こんなことがあった。子どもが生まれたので、役所に出生届を出した。すると、数日後には赤ちゃんグッズのDM(ダイレクトメール)が届いた。小学校に入学する直前になると、どこぞの学習塾から入塾をすすめるDMが来た……。そういう不思議な体験をした人は、多いのではないか。

 DMを受け取って、まず感じるのは、我が家の住所やら子どもの名前を、なぜ業者が知っているのかということ。赤ちゃん関係で情報が漏れた可能性を考えると、病院の産婦人科や助産院、保健所、そして市役所(もしくは区役所)などが考えられる。

 個人情報保護法では、さまざまな規定を設け、行政や業者が第三者に個人情報を漏らすことを禁じている。とはいえ、どんな罰則を設けても、世の中に山ほど存在する「情報を管理している個人」(法人であれ個人であれ)を規制することなど、ほとんど不可能だといわざるをえない。

あわせて読みたい

ガジェット通信の記事をもっと見る 2011年1月29日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら