[E3 2010] PlayStation 3も3Dに! ハンズオン来ました

[E3 2010] PlayStation 3も3Dに! ハンズオン来ました


ついに来ました、3DなPlayStation 3!

ニンテンドー3DSも発表されましたし、3Dゲームが続々と来ますね。

既存のPlayStation 3もソフトウェアアップデートで3D対応になります。きっちり仕上がった印象で、巨大スクリーンでも、一般的サイズのHDTVでもちゃんと映ってます。

ただし、3Dでゲームをするには3D対応のTVも必要です。また、ソニーの3Dにはメガネが必須です。

続きで詳細をどうぞ!
 

来年発売予定の3Dゲーム、キルゾーン3も見ましたが、すごいです。銃弾や火花、破片や敵、それぞれ3D度合いが違っています。3Dのうっとうしさはなく、むしろ迫力倍増で良いのですが、酔うような感じがする人は、その感覚も増幅されます。



僕は100インチのスクリーンで映像を見たとき、のめりこみ過ぎて、クラクラして酔ってしまいました。

また、ドライビングゲームはちょっと違いました。外から車体が見えるゲームの場合、たとえばモーターストームみたいな場合、3Dの効果は絶大で、すごく盛り上がります。ただ、そうでなくて、自分が運転席にいるようなゲームで、基準になるものがない場合、3Dであることがあまりよくわかりません。

他のゲーム、たとえばSuper Stardust HDは、メガネ自体は気にならないのですが、2Dでやるよりも目が疲れました。



やっぱり不満の種は3Dメガネです。ニンテンドー3DSは、メガネなくても3Dなのが魅力でしたが...。そもそもメガネをかけている人は使いにくいし、ゲーム中ずっと何か重いものを顔に付けているのは疲れます。2時間の映画でさえそうなのに、6時間とかプレイし続けるゲームだったら、なおさらです。

それに、他の人のプレイを見て楽しむのも面倒になります。プレイヤー以外の人もメガネをかけないと、画面はちゃんと見えず、酔っぱらって霧の中にいるみたいな見え方になります。

(メガネを取ってからも、ソニーコンピューターエンターテイメントアメリカのジャック・トレトンCEOがおかしな3Dになって見えました...)



Jason Chen(原文1原文2/miho)
 

元の記事を読む

あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2010年6月17日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。