氷を割る核動力のバターナイフ!世界最大級の原子力砕氷船「ヤマル号」

氷を割る核動力のバターナイフ!世界最大級の原子力砕氷船「ヤマル号」


旧ソは効率的統治能力には欠けるものの、そのぶん怖いもの知らずなエンジニアリングで世界をアッと言わせてくれましたよね。ホント、ひとつの船に原子炉2基積んで北極の氷を割らせようなんて考えるの、旧ソぐらいでしょう。北朝鮮だってそこまでは...。

シベリア北西の「地球の果て」、ヤマル半島。その名を冠したアルクティカ級原子力砕氷船「ヤマル号(NS Yamal)」は、ロシアが誇るモンスターマシンです。

製造開始は1986年ですが完成は1992年になってからです。間にソビエト崩壊を挟んでいるので。

ロシア新政府に政権交代後は当初予定された目的(北極海航路を開いておくこと)も不要となったため、船長150m、重量2万3455トンの船に50の客室をあつらえて北極観光クルーザーに改造し、「Murmansk Shipping Company」が運用してきました。

動力源は加圧水型原子炉2基で、濃縮ウランの燃料棒を各245本ずつ備えています。核物質を500kg満載するとヤマル号は燃料補給抜きで最高5年まで稼働できます。すごいですね。

原子炉は重量各160トンあり、これは密閉し圧力を下げたコンパートメントに収め、その外側を鋼鉄・高密度コンクリート・水で囲って外部との接触を遮断しています。船の至るところに計86個のセンサを配し、放射能の量は常時監視してるんですよ。
 

原子炉で推進システムを動かす仕組みは、ソビエトの直感・直截的デザインの伝統を破る複雑さ。まるでルーブ・ゴールドバーグ・マシンですよ。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2011年7月21日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら