iPhone 5のドックコネクタだけじゃない。アップルが「過去のもの」にしてきた技術たち

iPhone 5のドックコネクタだけじゃない。アップルが「過去のもの」にしてきた技術たち

その都度、ちょっと面倒だったりはしたけれど。

先日、iPhone 5のドックコネクタが現在標準の30ピンから19ピンになりそう...というが伝わってきました。これはおそらくiPhoneだけじゃなく、今後はiPadにとっても新しい標準になると思われます。そうなると既存の充電ケーブルとかドックスピーカーとかは、少なくともそのままじゃ使えなくなって、何らかのコンバータが必要になるかもしれません。そんなコンバータがあるとして、また新たに買わなきゃいけないのか、手持ちのドックには美しく収まるか、などなど気をもむ人もいると思います。

新しい技術はいつだって、ガジェット好きをこんな風に悩ませてきました。つねに最新でベストのものを使おうとすると、どうしても既存のガジェットは「古い」ものにせざるを得なくなります。新しいものに何かしら下位互換性があったりしてソフトランディングできる場合もありますが、いつもそんなに簡単にいくとは限りません。
 

 

テクノロジーの宿命


イノベーションは、基本的にはみんなにとってうれしいものです。そして噂になっている19ピンのコネクタにも、明確なメリットがあります。コネクタのサイズが小さくなるということは、デバイスがさらに小さくなるということだったり、別のコンポーネントが入る余地が生まれるということだったりを意味します。コネクタのスペックはまだわかりませんが、データ転送速度も速くなる可能性がありますし、もしかしたらThunderboltのサポートだって、されるかもしれません。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2012年7月26日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。