冷蔵庫がない時代、牛乳にかえるを入れたロシア人は偉大

冷蔵庫がない時代、牛乳にかえるを入れたロシア人は偉大


冷蔵庫が現れる前、ロシアでは昔からバケツ1杯の牛乳にかえるを1匹落として腐るのを防ぐ、という生活の知恵がありました。

今となっては迷信で片付けられていますが、モスクワ州立大学の有機化学者Albert Lebedev博士率いるチームが調べてみたら、あながち迷信で片付けられないメリットもあることがわかりました。まあ、かえるが泳いでる牛乳を飲むのはアレですけどね。


冷蔵箱(Ice box)が初めて市販されたのは19世紀半ば。氷は一大産業に発展します。

主産地はニューイングランドとノルウェーですが、寒い地方はどこも氷が大きな輸出品目となりました。冷蔵箱は普通は外が木製で、中は錫や亜鉛の壁になってて、間におがくず、コルク、わらなんかの断熱材を詰めたもの。1930年代に電気冷蔵庫が登場して廃れるまでは、それはそれは大層な人気でした。

毒性のアンモニア化合物には液化すると冷却効果がある…という発見がなされ、Jacob Perkins氏が冷蔵庫第1号を発明したのは1834年のこと。冷蔵庫が普及し始めたのはもっと後で、アンモニアに代わる「毒性のない」冷媒フレオンを1920年代にゼネラル・モーターズとデュポンが開発してからです。

ロシアは氷の国ですが、田舎に行くと冷蔵箱なんて見たこともない村もありました。なので冷蔵箱に頼らないで、なんとか食べ物を冷たく保ち腐らないようにしておかなければならなかった。そこで工夫の果てに生まれたライフハックがかえる牛乳で、これが20世紀まで続いたというわけですね。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年4月28日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。