ロゼッタ彗星着陸のすごさがわかる4つのこと

ロゼッタ彗星着陸のすごさがわかる4つのこと

動画を見る


悪臭漂う彗星についにタッチダウン!

10年以上前に地球を発ち、この氷と岩の塊をひたすら目指してひとり宇宙を旅してきた探査機ロゼッタ。40億マイル(64億km)の長旅がついに感動のフィナーレを迎えましたね。

ロゼッタから冷蔵庫大の着陸機フィラエが切り離され、人類史上初の彗星着陸を成し遂げた瞬間をライブでハラハラドキドキ見守った方も多いと思います。欧州宇宙機関(ESA)のロゼッタが着陸したのは「彗星67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ」。木星と地球の間の軌道を回っている幅約4kmの岩の塊です。

直進すれば地球からはたったの4億kmなのですが、ただ真っ直ぐ行っても着陸はムリなため、ロゼッタは気の遠くなるような長い遠回りの経路を迂回し(だから64億kmの長旅になった)、地球や火星へのフライバイ(接近通過)を4回行って重力アシストを得ながら速度を調整し、距離を詰めてきました。

いざ近づいてみたら彗星というやつは恐ろしく臭い物体(腐った卵、酔っ払い、馬の臭いがする)であることも判明しましたが、今さら後にはひけません。

最終段階でロゼッタは彗星67Pを取り巻く軌道を回りながらフィラエを発射しました。着陸は複雑で危険なミッションです。まかり間違えば過去10年の緻密なプランニングが全部オジャンになってしまう! まさに恐怖との戦いでした。

ロゼッタ着陸の不安要素はこんなにあった


不安要素その1: 彗星と探査機は両方とも割と高速で動いている
ほんのちょっとのエラーも許されません。少し狂うだけでフィラエは着陸場所をミスってしまいます。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「動画 + アニメ」のおすすめ記事

「動画 + アニメ」のおすすめ記事をもっと見る

「動画 + ドラマ」のおすすめ記事

「動画 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年11月14日のIT記事

キーワード一覧

  1. 動画 アニメ
  2. 動画 ドラマ

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。