クリミアのデベロッパーはアプリが売れない! 米経済制裁の影響

クリミアのデベロッパーはアプリが売れない! 米経済制裁の影響


思わぬ一撃です。

ロシアに併合されたクリミア地方。昨年12月19日、オバマ大統領がこのクリミア地方に対し、経済制裁を行うという大統領令を出しました。本当の狙いはロシアのプーチン大統領の懐をさみしくさせることだったわけですが、思わぬところに影響が出ています。クリミアのアプリデベロッパーです。

経済制裁は、アメリカとクリミア間の「品物、技術またはサービス」の輸出入を禁止するというものでした。これを受け、アップルは、デベロッパー登録を終了する旨を記したメールをデベロッパーへ送っています。

企業レベルでクリミアへの経済制裁を発動したのは、アップルだけではありません。ゲーム配信サービスSteamを運営するValveもクリミアでのサービスを停止したと伝えられています。ややこしい政治問題のせいで、クリミアの人たちは「Call of Duty」をプレイできないのです!(Steamで、ですが)

さらに、数日後。グーグルもこれらの動きを追随しました。TechCrunchがグーグルの担当者に確認したところ、クリミアではすでにAdSense、AdWordのブロックが始まっており、2月1日からはGoogle Playも使用できなくなるとのことです。しかし、検索、Gmail、マップ、Google+は引き続き使えるとのことで、クリミアの人たちは少しほっとしたかも。ともあれ、今後、このように制裁を実行に移す企業は、どんどん増えていくのでしょう。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2015年1月27日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。